2019/06/01 14:13

今は昔の物語。笑って読んでいただけると幸いです。


ようやくフルメイクができるようになり、大きな街に足を向けだすようになった頃のお話


デパートの中を歩いていたんです。

右斜め前方にいるおばさんの店員さんが、私を見ているのを感じました。
あぁ、見られているなぁと思いつつも、私からは視線を合わせません。

その横を通り過ぎます。
あぁ、ずっと見ているなぁ・・・でも私からは見ません。

で、通り過ぎました。
ここで私が後ろを向いて目が合えば、ずっと見ていたことが確定するわけです。


私はスピーディ(笑)に振り向きました。


もう、がっちり目が合いましたよ。


こんな顔をした店員さんとね!
(あの時の顔を思い出し、探しました。実際はもっともっと高齢の方です。でも表情はかなり近いです)

ええ、泣きましたよ。
家に帰って泣きました。

たしかにメイクは下手かもしれん。
男が化粧した感丸出しだったかもしれん。
でも、店員がそんな目で客を見たらダメだろう。

泣きはらしました。


ちなみにこの表情は、

だそうです・・・。
まぁ、そんなとこだろな。



あれから、10ヶ月後



つい最近、同じデパートを歩いていたんです。

すると、若い女性店員さんが6人くらいかなぁ
満面の笑顔で次々と私に向かって「いらっしゃいませ~♪」


私の人生の中の、どの時代にも経験のない挨拶のされ方でした。

あぁ、終わった~!
口から大きく息を吐きだしながら、心の中で叫びました。

私、綺麗になってるかも!
私が変わったから、周りの反応も変わったんだ。

復讐done!

私を蔑んだ人達への報復は終わった。
本当の復讐は自分が幸せになること。

(デパートの店員さんですから、当然作り笑顔なわけですが、作り笑顔って私はかなりポジティブに捉えていて、その人のために笑顔を作るって結構労力だから、それだけで気遣いを感じます)


表情って大切


人を生かすも殺すも、表情次第といっても言い過ぎではありません。
睨んだり、睨まれたりが多い人生って幸せそうには感じません。

幸せに見える人は、自分もその周りも笑顔であふれていると思うんです。
だから私は笑顔でいる時間を増やそうと意識しています。

そして、自分自身に微笑みかけています。

「大丈夫、きっとうまくいくから!」